耳 違和感 こもる 治し方

耳がこもるなどの違和感を感じたときの治し方

スポンサーリンク

風邪を引いたり花粉症の時には耳に違和感を感じたり、こもると感じる方も少なくありません。
しかし、風邪を引いていなかったり花粉症にかかっていない方でもこもることがあります。
この場合考えられる病気として、耳管開放症が多いのです。
耳管開放症とは、鼻と耳をつなぐ部分の管は空気の移動をするときに開きます。
しかし、何らかの原因によって閉じているはずのものが開きっぱなしとなった場合には開放症という病気で呼ばれるのです。
治し方として薬物投与が行われますが、それ以外にも鼓膜のマッサージを行うことがあります。
専門の機械を使ってマッサージするところが多く、途中でやめてしまわずに治療を完全に行うことで違和感から開放されるのです。

スポンサーリンク

それ以外の治し方としてお辞儀をする方法があります。
お辞儀をすることによって頭の上に血液が届いて血流の循環によって治る可能性が高いのです。
また、これらを行ってもあまり症状が改善しない場合、他の病気の可能性があります。
突発性難聴やメニエール病、自律神経失調症状などは自分自身で民間療法の治し方に頼るより、早めに医療機関で相談してください。
治療は早期に行うことで完治しやすくなります。
他にどうしても原因が見つからない場合には、肩こりを疑ってください。
肩こりによって違和感を感じることも少なくないため、肩こりを完治させることによって違和感から開放されるようになったと喜んでいる人もいます。
それぞれの症状によって個人差があるので、まずは耳鼻科医を受診してください。

スポンサーリンク