子供 耳垢 病院

子供の耳垢は病院で取ってもらいましょう

スポンサーリンク

子供の耳はとても小さくデリケートなため、耳垢掃除をする際は注意が必要です。
耳にはもともと自然に耳垢を体の外へ出そうとする働きがあります。
親がこまめに子供の耳垢掃除をしてしまうと、この働きが弱くなってしまい、汚れを耳の奥に押し込んでしまう可能性が出てきます。
心配な場合は、何度も掃除するのではなく、病院にいって掃除をしてもらう方法が適切です。
特に赤ちゃん期の子供は、黒っぽい耳垢が出るので、初めてみた親は心配するかもしれませんが、それは母親の胎内にいた頃の羊水が残ったものです。
自然と外に流れ出るものなので、そのままでも大丈夫ですが、それでも心配な場合は、病院に行って先生から詳しい話を聞くと安心出来るでしょう。

スポンサーリンク

子供の耳掃除をするときは、綿棒やピンセットを使う場合が多いでしょう。
綿棒を使う場合は、耳の外を掃除するのには適していますが、耳の中を掃除する時は耳の穴の見えている範囲の汚れを取る程度の掃除で十分です。
ピンセットも、見えている範囲の耳垢をつまむ程度にしておきましょう。
あまり奥まで掃除すると、耳の中を傷つけてしまいます。
それがひどくなると、耳の中で炎症を起こしてしまい、外耳炎になってしまう可能性もあります。
耳の痛みや耳だれが出るのが主な症状ですが、炎症がひどくなってしまうと、耳鳴りがしたり、聞こえにくい状態になるので、子供が耳の痛みを訴えた場合は、早めに病院へ行きましょう。
出来れば、耳の掃除をする場合は医師と相談して、定期的に通院すると良いでしょう。

スポンサーリンク